サービスデザイン・編集

会社案内・社内報

会社案内の役割

1、企業価値を高め、信用を裏付ける媒体
会社案内といえどもビジネス、事業形態により多種多様、幅広く存在しますが、目的は企業情報、業務内容等を紹介する媒体です。一般的に会社案内と呼ばれる他に、会社パンフレット、企業ブローシャ、事業案内、業務案内などと言われ、製品やサービスを紹介したパンフレットやカタログとは区別されます。 主なミッションは企業(事業主体)のブランドイメージやCI(コーポレートアイデンティティ)情報を明確にユーザーに伝えることだと当パンフレット専科Rでは定義づけています。 この企業ブランディングを核に、事業分野並びにその強み・差別力にふれ、会社概要、代表者の熱いメッセージ、沿革、取引先・実績により、これから何らかのビジネスや取引関係を持つ相手先に対し、実務情報とあわせ、信用、信頼、安心などの情緒的企業イメージ、ブランドメッセージをきちんと伝えられる内容になっていることが重要と考えます。 従って、商談や営業のメインとなる製品・サービスのパンフレットや製品カタログ等の媒体を補完し、会社案内により信頼性や企業価値を高める役割が大きいといえます。

2、ダイレクトに営業ツールとしての会社案内
もちろん製品・サービスや事業モデルにまで深く言及し、会社案内を直接的な営業ツールとして使用するケースや、意思決定を促す媒体として機能させることもあ ります。むしろ製品・サービス等の情報量が多くない場合、またコスト的な問題がある場合は、パンフレット、カタログの要素と会社案内をジョイントさせ、営 業ツールとして機能させることが好都合なこともあります。 さらには生徒募集には学校案内、施設・設備やサービスライン紹介には病院・施設案内等、営業や集客用の媒体としての役割をはたします。 やはりその場合でも、企業(スクール)ブランディング、ブランドメッセージはステークホルダーに対し、好感、安心、信頼・・・などという意識形成に欠くことができません。

会社案内・社内報

パンフレット作成プロジェクトの本質を顕在化させる

プロジェクトのヒアリングはお客様と本格的に接する最初の機会です。パンフレットの作成目的によりヒアリングのあり方は異なります。営業用パンフレット、リクルートパンフレット、事例紹介パンフレット、資料請求パンフレット、DMパンフレット、製品・サービス案内パンフレット・・・等々、パンフレットといえども、お客様により様々な目的、用途があります。まずお客様がそのパンフレットを使って何を実現されたいのかを、弊社の担当アカウントプランナー、クリエイティブディレクターが入念にお聞きします。

会社案内・社内報

過去の会社案内の例
夢織館様
㈱三旺インターナショナル様

お問合わせ
関連商品
この商品をご利用のお客様の多くが、こちらもご一緒にご購入いただいています。
制作の流れ

1.プランニング

会社案内作成プロジェクトの本質を顕在化させる
プロジェクトのヒアリングはお客様と本格的に接する最初の機会です。会社案内作成の目的によりヒアリングの在り方は異なります。企業ブランディング中心の会社案内、CSRを含めた会社案内、営業用会社案内、生徒募集学校案内、病院案内・施設案内・・・等々、会社案内といえども、お客様により様々なミッションがあります。まずお客様が何を実現されたいのかを、弊社の担当アカウントプランナー、クリエイティブディレクターがお聞きします。

2.デザイン・レイアウト

デザインの魅力は御社の魅力、信頼の証
会社案内作成にあたって、弊社の精鋭グラフィックデザイナーにより企画目的、ターゲットに最適化したグラフィックをご提案します。先進的でシャープなタッチ、 気品・高級感のあふれるデザイン性、落ち着いた重厚感、アースカラー(自然色)を中心とした色合いのオーガニック調、フリーハンドなタッチで優しい雰囲 気、女性的でエレガント・ファッショナブルなタッチ、楽しくカジュアルなタッチ、CG・クールなタッチのデザイン・・・、また文字でグラフィックを表現するタイポグラフィ、見やすく、それでいて機能的なフローチャートデザイン、イラストレーション作成、ピクトグラムアイコン、CG・3D タッチのデザインまで、様々なお客様のニーズを具現化します。もちろんコーポレートカラーやカラーコンセプトに基づいた色彩計画は企画の段階でビルトインさせます。 昨今では環境問題への取組みを積極推進している企業が増えたせいか、抽象的で無機質なCG的デザイン性より、緑や青を中心とした優しい色合い、自然素材を使用したオーガニックなデザイン性のご要望が増えてまいりました。

3.コピーライティング

ステークホルダーの心に浸みいる文字表現
弊社のクリエイティブディレクター(CD)やコピーライターによるヒアリング・インタビューにより、キャッチコピー、リードコピー、また本文となるボディライティングまで会社案内の最も重要な文字情報をクリエイティブしていきます。 企業価値向上・ブランド力向上を目指す会社案内、営業・製品情報を兼ねた会社案内、社員採用・募集を兼ねた会社案内・・・等々、会社案内の目的に応じ、様々なステークホルダー、ターゲットユーザの動機づけを促す、また人々の心に浸みいるコピーをご提案します。 コピーとデザインの絶妙なマッチングをご期待ください。

4.撮影

オリジナルの撮影写真は会社案内の価値を高める
撮影によるオリジナルな写真・画像は、御社の企業風土、ブランドイメージ、企業価値を高め、会社案内作成にとって重要なコンテンツの一つです。従ってパンフレット専科Rではなるべくレンタルフォトや版権フリーフォトではなく、実写画像の使用を推奨しております。 当社専属フォトグラファーにより人物、モデル、製品、食品、イメージカットなど現地撮影からスタジオ撮影まで、使用媒体、求めるクオリティなどあらゆる目的に応じて、デジタル撮影、フィルム撮影と最適な撮影方法をご提案します。ビビッドな写真で会社案内作成におけるビジュアルを構成していきます。

5.翻訳

ビジネスの国際化に伴う会社案内の国際化を支援します。
あやしい日本語でのダイレクトEメールを受け取った際、我々はそのEメールにどのような反応をするでしょう?どんなに興味のあることでも恐らく絶対手を出さないと思います。 そのようなことから逆もまた同様で、たどたどしい中国語や英語では現地のユーザに信頼は獲得できません。やはり卓越したネイティブ翻訳の会社案内であることが、まずもって御社の海外戦略の第一歩です。 英語、中国語、韓国語、フランス語・・・、様々な言語の翻訳をネイティブで対応いたします。日本語版会社案内を外国語版に差替え制作、日本語・外国語両面併記の会社案内制作、等いずれの対応もいたします。

6.用紙選定

デザインだけでない御社を表す重要なブランドイメージ
用紙ひとつの選択で会社案内のイメージが大きく変わることがあり、デザインやコンテンツを少なからず引き立てる役割を担います。むしろシンプルで塗りの少ないデザインによっては、用紙の露出度が高まり、その質感や触感の要素も、見る人に強い印象付けを発揮します。インキ発色の良し悪し、表面の質感で平滑紙・ 凹凸紙、光沢紙・マット紙(つや消し)、厚紙・薄紙、一般紙・ファンシー系の区分がありますが、特に会社案内は企業のカラーやアイデンティティを強く表現する媒体ですので、用紙の選択にはこだわりを持ちたいものです。

7.色校正

最終仕上りのカラーシミュレーション
デザインや会社案内のコンテンツやデザインが固まったら校正の最終段階になりますが、お客様から校了(校正終了)をいただいたら色校正を行います。会社案内で実際に使用する用紙に実際の印刷機に通して印刷仕上がりをご確認できますが、これを「本紙色校正」といいます。弊社では平台色校正ではなく、実際使 用する印刷機に実際使用する用紙と通す、本機色校正を採用しています。ただし納期やコストによっては平台色校正を行う場合がありますが、用紙や使用する色によって実際の印刷の仕上り色とは差がでることがありますので、リスクを伴います。 専用紙にはなりますが、印刷機とカラーマッチングをしたプロッターという機械で印刷シミュレーションを行う方法をDDCP色校正(簡易色校正)といいます。 ファンシー系、特殊紙を選ばれた場合、この色校正方法はお勧めしません。弊社では本紙色校正についてはオプション費用となり、DDCP色校正は標準で対応いたします。

8.印刷・加工

企画・プレゼンから始まったプロジェクトの集大成
印刷の種類 会社案内の目的、制作コンセプトによって、様々な印刷方法をご提案します。 4色印刷では表せないよりビビッドな色表現をする「RGB印刷」、綴じた用紙の対抗面への色写りを防止する速乾性インキを使用した「UV印刷」、このUV印刷の際、文字や塗りの箇所に透明インキを厚盛りすることで、盛り上がったエンボスの立体感をリアルに表現する「UV厚盛印刷」、ちなみにこのUV厚盛印刷(UV厚盛加工)は、インキに揮発性有機化合物(VOC)の配合をしないため、環境保全にも貢献できる印刷方法です。 また高精細で、色域が広く彩度の高い、鮮やかな色再現が可能な「FMスクリーン印刷」。例えば金属製品のカタログで、製品を立体的にリアルに見せたい場合、金属のシズル感をビビッドに表現したい場合などに大変効力を発揮します。 その他に、印刷箇所にパールのような光沢感を醸し出すパール印刷、別珍や絨毯のような感触のフロッキー印刷などがあります。